婚約指輪の購入後のこと

お気に入りの婚約指輪を買った後のこと、考えたことがありますか?買ってから困ることってどんなことがあるのでしょうか?婚約指輪を買った時は、それはとてもうれしくて、大切にする物となることと思いますが、婚約指輪に多く使用されているダイヤモンドというのは、傷には強い硬い宝石ですが、実は油脂を寄せつけやすいものなのです。

ですから、ダイヤモンドの婚約指輪を何日かつけっぱなしにしていると、ダイヤモンドの表面は少し曇ってきてしまいます。

素材となるプラチナやゴールドにも同じ様なことがいえます。

使っていれば、傷をつけてしまうこともあるだろうし、ダイヤモンドと同様に油脂がついて濁ってしまいます。

そんな時にどうすればいいかといえば、自宅でもできる簡単なケアがあります。

大切な婚約指輪ですから、いつもきれいにしておける様に覚えておきましょう。

用意するものは、歯ブラシと食器洗い用の中性洗剤です。

歯ブラシは新しい物ではなくても使い古した物でも大丈夫です。

洗面器の様な物にお湯を入れて、食器洗い用の洗剤を入れて溶かします。

その中に婚約指輪を二、三分浸しておきます。

歯ブラシで指輪全体を優しくこすったら、水ですすげばOKです。

タオルで水分を拭き取り、眼鏡拭きなどの様な布を使って磨きましょう。

後、もう一つ、よくありがちな失敗として、指輪が抜けなくなってしまったときのことを少しお話ししておきましょう。

指輪が抜けないと結構焦りますよね。

パニックになると、実は余計抜けにくくしているということが大様にあります。

指輪が抜けなくなった時は、心臓より高い位置に手をあげてむくみを取ったり、指に糸などを巻き付けて指を細くしてゆっくりと引き抜く様にしましょう。