婚約指輪とは

婚約指輪とは婚約の証として男性が女性に贈る指輪のことです。

男性が相手の女性の好みに合ったデザインの指輪を購入し、婚約指輪として女性にプレゼントします。

婚約指輪の由来は古代ローマ時代に愛の証として恋人同士に贈られていた鉄の輪だと言われています。

日本に婚約指輪を贈る慣習が普及してきたのは1960年代頃だと言われています。

その頃に放送されたテレビCMの効果もあり、月給の3カ月分ほどの金額のダイヤモンドの婚約指輪を贈るということが一般的になってきていました。

現代では、ダイヤモンドの大きさ等によって婚約指輪の値段も幅広くなってきているため、月給の3カ月分ほどの値段の婚約指輪を用意する男性はあまりいませんが、ダイヤモンドの婚約指輪が一番人気があります。

また、結婚するための準備には新居の資金等、他にもお金のかかることが多いため、婚約指輪は必要ないという現実的な女性も多くなってきました。

男のけじめとして婚約指輪を用意しようと考える男性はまだまだ多いようです。

婚約指輪を贈られた女性は婚約した喜びを感じ、幸せをかみしめ、結婚後は同時に準備した結婚指輪と重ねづけしたりすることで、婚約指輪を大切にしていきます。

◆参考サイト:人気の婚約指輪